ホーム
ホーム  > 関連情報  >  よくあるご質問

よくあるご質問

  • ETFとは何ですか?

    ETFとは、「EXCHANGE TRADED FUND」の略称で、上場投資信託とも呼ばれています。国内外の証券取引所に上場しており、取引時間中に時価で売買することで株と同様の機動的な売買が可能な商品です。主要な運用スタイルは、東証株価指数(TOPIX)やS&P 500といった指数に連動するパッシブ運用です。 一般的に、投資信託よりも管理報酬が低く、投資家の皆様へ廉価なコストで様々な運用の機会をご提供することを可能にします。

  • どうやって売買できるのですか?また、どこで売買できますか?

    ETFは、株式と同様に、証券会社などを通じて売買を行います。 上場投資信託は、文字通り上場していますので、株式と同様に市場の価格を見ながら、機動的に売買することができます。指値注文や成行注文などといった多様な取引手法も利用することができます。 ※ 大変恐れ入りますが、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社では、ETFの直接のお申込を承っておりません。売買に関するお問い合わせにつきましては、取扱い証券会社へお願い致します。

  • 対象となるインデックスとのパフォーマンスの関係はどのようになっているのですか?

    ETFはベンチマークとなるインデックスとほぼ一致するような運用成果を実現することを目指します。(一部のETFでは、異なる運用方針のものもあります)

  • 分配金は受け取れるのですか?

    ETFの所有者は、持分に応じた収益分配を受け取る権利を持っています。 もちろん、分配は運用の実績などの要因に影響されますので、いくつかのETFでは、分配がほとんどないか、あったとしてもごくわずかなものもあります。 ETFには、収益分配を再投資する機会もあります。

  • ETF投資のリスクは何ですか?

    ETFは、主に株式や債券などの有価証券に投資を行います。投資対象としている株式などの値動きにより、基準価額が下落することがあります。有価証券への投資には、価格変動リスク、カントリーリスク、信用リスク、為替リスク等、様々なリスク(後述)があり、ETFも同様のリスクが伴います。これらのリスク要因により、投資資産の市場価格が下落する場合があります。その為、投資元本を割り込む恐れがあります。ETFには上場廃止リスクがあり、純資産規模が縮小するなど、運用が困難になった場合や、上場取引所の上場基準に合致しなくなった場合、上場廃止となることがあります。これらは主なリスクであり、ETFへの投資に係るリスクはこれらに限定されるものではありません。


    株価変動リスク
    株価は、個々の企業の活動や一般的な市場・経済の状況に応じて変動します。従って、株式の価格は短期的または長期的に下落していく可能性があります。そういった場合、価格変動によっては、損失を被ることがあります。

    信用リスク
    組み入れた株式や債券の発行者や取引先の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、損失を被ることがあります。

    流動性リスク
    流動性リスクとは、市場における売買量の欠如等の理由により、ファンドにとって最適な時期で株式及び公社債の売買ができず機会損失を被るリスクをいいます。

    カントリーリスク
    ファンドは有価証券への投資を行いますが、投資対象国における政治不安や社会不安、あるいは他国との外交関係の悪化などの要因により、投資成果に大きく影響することがあります。また、投資対象国の政府当局による、海外からの投資規制や課徴的な税制、海外からの送回金規制などの様々な規制の導入や政策変更等により、投資対象国の証券への投資が悪影響を被る可能性あります。

  • SPDR ETFs JP

    下記リンク先は、SPDR(スパイダー)ブランドの傘下にない『トラッカー・ファンド・オブ・ホンコン』の英文資料を元に日本向けに一部編集し、作成した資料を提供いたします。
    内容については、原文が優先されることをご了承下さい。

    運用報告書PDF

    運用レポートPDF

    また、『トラッカー・ファンド・オブ・ホンコン』の詳細については、、『トラッカー・ファンド・オブ・ホンコン』専用サイト(香港)をご覧下さい。
    ご覧になるにあたっては、引き続きステート・ストリート・グループが提供しているページではありますが、SPDRs.JPが運営・管理しているページから離れます。
    リンク先は、SPDR(スパイダー)ブランドの傘下にない『トラッカー・ファンド・オブ・ホンコン』の情報を提供しています。

    リンク先の記載事項があらゆる地域における利用に適したものであるという表明、および、あらゆる法域や国において、またあらゆる投資家やカウンターパーティにとって、販売あるいは利用が可能もしくは適切なものであるとの表明を一切行っていないことを理解します。 またリンク先は、情報提供のみを目的とするものであり、記載されている商品やサービスは、販売や利用に適していることを保証するものではなく、また、いかなる投資家その他の関係当事者にとって適法・適切なものであることを保証するものではありません。リンク先は、投資サービスの募集、取得もしくは売却の勧誘を目的とするものではありません。リンク先にアクセスする個人は自発的にアクセスしており、適用される自国の法律および規則の遵守について責任をもちます。

    同意する 同意しない

    この度外国籍ETF(上場投資信託)『セレクト・セクターSPDR®ファンド』シリーズ9本全てがラインアップに加わり日本で取扱いが可能となりました。

    運用レポートをご覧いただくには、各銘柄名をクリックして下さい。

    また、詳細はプレスリリースをご確認ください。

    銘柄名 ティッカ-
    株式-セクター/産業別
    一般消費財セレクト・セクター SPDR® ファンド XLY US
    エネルギー・セレクト・セクター SPDR® ファンド XLE US
    金融セレクト・セクター SPDR® ファンド XLF US
    テクノロジー・セレクト・セクター SPDR® ファンド XLK US
    公益事業セレクト・セクター SPDR® ファンド XLU US
    資本財セレクト・セクター SPDR® ファンド XLI US
    生活必需品セレクト・セクター SPDR® ファンド XLP US
    素材セレクト・セクター SPDR® ファンド XLB US
    ヘルスケア・セレクト・セクター SPDR® ファンド XLV US
    不動産セレクト・セクター SPDR® ファンド XLRE US
    閉じる
    SPDR ETFs JP

    SPDRS.jpのサイトから離れようとしています。

    ここから先は、情報提供を目的としているのみで、http://www.spdrs.jp が運営管理しているページではありません。我々は、リンク先に直接情報を提供するものではありません。また、リンク先で提供されている情報を肯定するものでも、保証するものでも、表明するものでもありません。

    よって、その内容に含まれる情報を補足したり、更新したり、訂正したりすることに一切の責任を負いません。このリンクを提供することによって、いかなる投資の適否に関する意見表明も、有価証券もしくは投資サービスの募集、取得もしくは売却の勧誘を目的とするものではありません。

    同意する 同意しない