ホーム  > ETFについて学ぶ  >  ETFとは?

ETFとは?

ETFとは、「EXCHANGE TRADED FUND」の略称で、上場投資信託とも呼ばれています。国内外の証券取引所に上場しており、取引時間中に時価で売買することで株と同様の機動的な売買が可能な商品です。主要な運用スタイルは、東証株価指数(TOPIX)やS&P500といった指数(* このような、市場全体の動きを表す指数をインデックスやベンチマークと呼びます)に連動するパシブ運用です。 一般的に、投資信託よりも管理報酬が低く、投資家の皆様へ廉価なコストで様々な運用の機会をご提供することを可能にします。


ETFの機能

  • 投資家が個別株のように証券会社などを通じて売買をすることができます。
  • 売買注文は取引所を通じて成立します。

ETFの主な特長

  • 容易な分散投資効果
  • 日本だけでなく、国際的な分散投資の機会を提供します。
  • ETFで採用されている多様なインデックスは、マーケットの規模や投資スタイルのほぼ全てをカバーします。
  • 業種.産業指数や商品指数に連動することができます。
  • 透明性
  • インデックスに連動するETFでは、投資の意思決定や運用内容の管理をするにあたり、そのインデックスを把握することで
    十分な情報を得ることができます。ですので、運用の中身は非常に透明です。
  • 同様の理由で、ファンドの保有している銘柄は容易に分かるので、例えば四半期ごとの運用内容の開示でなければ全く運用の中身が分からないといったことがありません。
  • 取引の柔軟性
  • 株式のように、証券会社を通じた売買を行うことができます。
  • 取引時間中、いつでも市場の価格で売買ができます。
  • 低廉なコスト
  • インデックス運用を行うことで、低いコストでの運用することができます。
  • 売買回転率が低いので、一般的にコストが低くなります。
  • 高いコストでの頻繁な売買の必要がありません。
  • 税効果
  • 売買回転率が低いので、キャピタルゲインに対する課税が少なくなり、ファンドの運用でかかる税金も一般的に、低く抑えることができます。

ETFと投資信託の違い

  • 売買価格の決定
  • ETFは取引時間中にいつでも市場の価格で売買ができます。
  • 投資信託の価格は、市場が閉じた後に決定されます。資産価格は、取引の終値で計算されます。
  • 機動的な取引手段
  • ETFは、株式と同様に指値取引や成行注文などといった取引手法が可能です。
  • 売買の価格は市場の取引終了後に計算された単一の価格で決定されます。
  • 売買手数料について
  • ETFは、取扱いの販売会社(証券会社)が定める売買手数料がかかります。この為、短期間で繰り返し売買を行うと、売買のコストが大きくなることに注意しなければなりません。また、外国に上場しているETFなどでは、売買の為に為替の取引が
    必要となる場合があります。その際、為替取引手数料が別途かかります。
  • 投資信託も同様に売買手数料がかかりますが、インターネット証券などでは、ノーロード(売買手数料がかからない)で取引が出来る商品も普及してきています。

SPDR ETFs JP

下記リンク先は、SPDR(スパイダー)ブランドの傘下にない『トラッカー・ファンド・オブ・ホンコン』の英文資料を元に日本向けに一部編集し、作成した資料を提供いたします。
内容については、原文が優先されることをご了承下さい。

運用報告書PDF

運用レポートPDF

また、『トラッカー・ファンド・オブ・ホンコン』の詳細については、、『トラッカー・ファンド・オブ・ホンコン』専用サイト(香港)をご覧下さい。
ご覧になるにあたっては、引き続きステート・ストリート・グループが提供しているページではありますが、SPDRs.JPが運営・管理しているページから離れます。
リンク先は、SPDR(スパイダー)ブランドの傘下にない『トラッカー・ファンド・オブ・ホンコン』の情報を提供しています。

リンク先の記載事項があらゆる地域における利用に適したものであるという表明、および、あらゆる法域や国において、またあらゆる投資家やカウンターパーティにとって、販売あるいは利用が可能もしくは適切なものであるとの表明を一切行っていないことを理解します。 またリンク先は、情報提供のみを目的とするものであり、記載されている商品やサービスは、販売や利用に適していることを保証するものではなく、また、いかなる投資家その他の関係当事者にとって適法・適切なものであることを保証するものではありません。リンク先は、投資サービスの募集、取得もしくは売却の勧誘を目的とするものではありません。リンク先にアクセスする個人は自発的にアクセスしており、適用される自国の法律および規則の遵守について責任をもちます。

同意する 同意しない

この度外国籍ETF(上場投資信託)『セレクト・セクターSPDR®ファンド』シリーズ9本全てがラインアップに加わり日本で取扱いが可能となりました。

運用レポートをご覧いただくには、各銘柄名をクリックして下さい。

また、詳細はプレスリリースをご確認ください。

銘柄名 ティッカ-
株式-セクター/産業別
一般消費財セレクト・セクター SPDR® ファンド XLY US
エネルギー・セレクト・セクター SPDR® ファンド XLE US
金融セレクト・セクター SPDR® ファンド XLF US
テクノロジー・セレクト・セクター SPDR® ファンド XLK US
公益事業セレクト・セクター SPDR® ファンド XLU US
資本財セレクト・セクター SPDR® ファンド XLI US
生活必需品セレクト・セクター SPDR® ファンド XLP US
素材セレクト・セクター SPDR® ファンド XLB US
ヘルスケア・セレクト・セクター SPDR® ファンド XLV US
不動産セレクト・セクター SPDR® ファンド XLRE US
閉じる
SPDR ETFs JP

SPDRS.jpのサイトから離れようとしています。

ここから先は、情報提供を目的としているのみで、http://www.spdrs.jp が運営管理しているページではありません。我々は、リンク先に直接情報を提供するものではありません。また、リンク先で提供されている情報を肯定するものでも、保証するものでも、表明するものでもありません。

よって、その内容に含まれる情報を補足したり、更新したり、訂正したりすることに一切の責任を負いません。このリンクを提供することによって、いかなる投資の適否に関する意見表明も、有価証券もしくは投資サービスの募集、取得もしくは売却の勧誘を目的とするものではありません。

同意する 同意しない