ホームページ

SPDR® ETF(上場投資信託)

銘柄名 1口当たりの純資産額
ティッカー・東証銘柄コード 基準通貨 円換算*
SPDR® ETF国内取扱い商品一覧»

*実際の市場価格とは異なりますので、お取引の際にはご留意ください。
*添付①-②に関しては、米ドル建てのものを、下記にて計算しています。

関連リンク

ハイライト

<重要なお知らせ>2014年12月5日を以て、『SPDR®MSCIヨーロッパSM ETF』(ティッカー:ERO FP)の日本国内での
取扱いを中止させて頂きます。これに合わせて、当ウェブサイト上での当商品に係る情報の
掲載も中止致します。詳細については別途お問い合わせ下さい。
<イベント・セミナー情報>楽天証券ETFカンファレンス2014年(開催日:2014年11月8日)に協賛いたしました。詳細は、リンクからご覧ください。(※上記リンクは、楽天証券のサイトへ移動致します。移動先のサイトに記載の利用上の注意をお読みの上ご閲覧下さい。)もっと見る »
2014年のETFと投資見通し:Let’s Get this Show on the Road2013年の資金流入は、投資家がリスク・テイクに積極的で株式型ETFへの資金純流入が2,000億ドルを超えました。債券型ETFには、年初来で260億ドルの資金純流入しました。2014年の世界の投資見通しはどのような感じでしょう?もっと見る »
SPDR ETFs JP

下記リンク先は、SPDR(スパイダー)ブランドの傘下にない『トラッカー・ファンド・オブ・ホンコン』の英文資料を元に日本向けに一部編集し、作成した資料を提供いたします。
内容については、原文が優先されることをご了承下さい。

運用報告書PDF

運用レポートPDF

概要説明資料PDF

また、『トラッカー・ファンド・オブ・ホンコン』の詳細については、、『トラッカー・ファンド・オブ・ホンコン』専用サイト(香港)をご覧下さい。
ご覧になるにあたっては、引き続きステート・ストリート・グループが提供しているページではありますが、SPDRs.JPが運営・管理しているページから離れます。
リンク先は、SPDR(スパイダー)ブランドの傘下にない『トラッカー・ファンド・オブ・ホンコン』の情報を提供しています。

リンク先の記載事項があらゆる地域における利用に適したものであるという表明、および、あらゆる法域や国において、またあらゆる投資家やカウンターパーティにとって、販売あるいは利用が可能もしくは適切なものであるとの表明を一切行っていないことを理解します。 またリンク先は、情報提供のみを目的とするものであり、記載されている商品やサービスは、販売や利用に適していることを保証するものではなく、また、いかなる投資家その他の関係当事者にとって適法・適切なものであることを保証するものではありません。リンク先は、投資サービスの募集、取得もしくは売却の勧誘を目的とするものではありません。リンク先にアクセスする個人は自発的にアクセスしており、適用される自国の法律および規則の遵守について責任をもちます。

同意する同意しない

この度外国籍ETF(上場投資信託)『セレクト・セクターSPDR®ファンド』シリーズ9本全てがラインアップに加わり日本で取扱いが可能となりました。

運用レポートをご覧いただくには、各銘柄名をクリックして下さい。

また、詳細はプレスリリースをご確認ください。

銘柄名 ティッカ-
株式-セクター/産業別
一般消費財セレクト・セクター SPDR® ファンド XLY US
エネルギー・セレクト・セクター SPDR® ファンド XLE US
金融セレクト・セクター SPDR® ファンド XLF US
テクノロジー・セレクト・セクター SPDR® ファンド XLK US
公益事業セレクト・セクター SPDR® ファンド XLU US
資本財セレクト・セクター SPDR® ファンド XLI US
生活必需品セレクト・セクター SPDR® ファンド XLP US
素材セレクト・セクター SPDR® ファンド XLB US
ヘルスケア・セレクト・セクター SPDR® ファンド XLV US
閉じる
SPDR ETFs JP

SPDRS.jpのサイトから離れようとしています。

ここから先は、情報提供を目的としているのみで、http://www.spdrs.jp が運営管理しているページではありません。我々は、リンク先に直接情報を提供するものではありません。また、リンク先で提供されている情報を肯定するものでも、保証するものでも、表明するものでもありません。

よって、その内容に含まれる情報を補足したり、更新したり、訂正したりすることに一切の責任を負いません。このリンクを提供することによって、いかなる投資の適否に関する意見表明も、有価証券もしくは投資サービスの募集、取得もしくは売却の勧誘を目的とするものではありません。

同意する同意しない